ゴールデンカムイ公式サイトへ戻る
戻る

Q.001 イセポさんより ゴールデンカムイの最大の謎、金塊事件の真相は、もう先生の頭の中では設定が決まっているのでしょうか? 仮に決まっていたとして、この先のストーリーの展開で変わることもあるのでしょうか?

A.001 野田先生より もちろん決まってます。このまま行けば特に変わらず進みます。

Q.002 エゾリス味さんより 杉元の顔の傷はいつついたのでしょう?戦争中や4巻の戦地に向かうシーンでもすでにあるので…気になります!

A.002 野田先生より 戦争の早い時期だと思います。第一師団は203高地で3ヶ月戦い、冬になって奉天へ向かいました。4巻の回想では服装からみて奉天へ向かう時です。

Q.003 おぐらさんより 単行本にて楽しませていただいてます。私は図書館司書として働いていまして、毎回、巻末の参考文献の豊富さに感嘆するのですが、先生は文献や資料などはどうやって探し、集めているのでしょうか?

A.003 野田先生より 信頼のおけるアイヌ関係の方たちが教えてくれたりしています。アイヌの登場する著名なフィクション作品でもその先生方によれば「いい加減な部分も多いので気を付けなくてはいけない」なんて言われたので、出来るだけ創作物は読まず、おすすめされた資料を買って、さらにその本に参考文献が掲載されているのもありますので、それを買ったりします。

Q.004 りゅーせきさんより 白石は髪を伸ばすと、ストレートですか、天パですか?

A.004 野田先生より 軽くウェーブヘアでしょう。 

Q.005 中江 爪さんより 野田サトル先生がゴールデンカムイのための取材で食べてきた料理で1番美味しかった、また食べたいと思うものは何ですか。

A.005 野田先生より 生レバーですね。ほんとは肝炎になるから食べちゃダメなんですけど。この間、猟師の久保俊治さんがNHKのドキュメンタリーで鹿の肝臓を切り取ったあと、唐突に「お前は美味い鹿だ」とエロティックに言ってましたけど、あれは肝臓を食べたシーンがカットされたんだと思います。 あのレバーは斃したその場でしか食べられない食感です。食べたければ猟師になってください。

Q.006 安田孝さんより 入浴中の鶴見中尉のおでこはどうやって守られてるんですか?風呂桶とかを被るんですか?教えてください。

A.006 野田先生より べつに脳みそがむき出しではないと思うんですよ。ある程度皮膚で覆われてはいると思うんです。でも擦れたり興奮すると時々汁が漏れ出すんです。あの額当ても、お風呂で一緒に洗います。裏側が汁でガビガビになってると思うので。湯船にプカプカ浮かべて遊んでいるんじゃないでしょうか。

Q.007 熊毛の女王さんより 今夏北海道旅行を計画中です。野田先生が杉元やアシ(リ)パが生きた時代を最も濃厚に感じる場所をお教え頂けますか。観光地でなくてかまいません。何気ない風景の中でゴールデンカムイの世界を体感したいのです。よろしくお願い致します。

A.007 野田先生より 北海道開拓の村です。

Q.008 きらくきくらげさんより 二階堂兄弟って浩平が兄ですか洋平が兄ですか?

A.008 野田先生より 浩平が少しだけ早く生まれました。

Q.009 ごはんさんより 1巻で履き間違えた杉元と白石の靴下は現在も入れ替わったままなのでしょうか。

A.009 野田先生より いまも入れ替わったままです。

Q.010 天雲さんより 谷垣ニ(シ)パの胸囲を教えてください。抱いて寝たいです。

A.010 野田先生より ジェイソン・ステイサムくらいじゃないでしょうか。

Q.011 ポテ巻さんより 担当編集の大熊八甲氏と肉体関係であらせられるとは本当ですか。

A.011 野田先生より 一体何処でそんな噂を聞いたのでしょうか。やってません。

Q.012 ピヨ彦さんより 私は二瓶のような親父になりたいです。格好良く勃起と言える親父になりたいです。そして息子に勃起の大切さを伝えたいです。しかし見た目が渋くもなければ声も野太くありません。どうすればあんな素敵な男になれるのでしょうか?

A.012 野田先生より 僕も室伏広治さんのようなセクシーな男に生まれたかったです。でも人生は配られたカードで勝負しなくてはいけないのです。

Q.013 くにぴろさんより 4巻34話で土方が銀行に取り戻しに行った和泉守兼定ですが、何故北海道の銀行に流れ着いたのでしょうか?箱館戦争時、日野にいる土方の義兄に送られたという話をよく見るので…。

A.013 野田先生より 寸違いの兼定を複数持っていたという説もあるんですよ。

Q.014 まりりんさんより 白石を呼ぶ時に漢字で「白石」の時とカタカナで「シライシ」の時、どのように呼び方を区別してますか?

A.014 野田先生より なんとなくです。同じフキダシにカタカナが多い時は白石にしたり。その時の気分です。

Q.015 せとかさんより 取材にたくさん行かれていると思いますが、取材先の博物館などで、ゴールデンカムイのファンに会ったことはありますか?

A.015 野田先生より 無いです。基本こっそりと取材してますので。取材先の博物館の学芸員さんとかは、ありがたいことに読んでくださってる方が多いです。釧路市立博物館さんからは取材に行く前からお手紙を頂いていました。博物館 網走監獄の方は、前作『スピナマラダ!』から応援してくれていたそうです。

Q.016 うたかたさんより 杉元のマフラー(襟巻き)ですが、いつ頃どのように入手したものなのでしょうか?親分に切られたところは大丈夫でしたか?

A.016 野田先生より 小樽に来たときです。小樽は外国人が沢山いましたので、海外のものが手に入りやすかったと思います。切られたところはポケットに入れてあとで縫ったでしょう。ケンシロウも毎回あの赤いTシャツを縫っていたでしょうし。

Q.017 えびはらさんより 白石は、「付き合ったら一途で情熱的です」と言っていましたが、過去に付き合った女性はいたのでしょうか?

A.017 野田先生より いません。彼の青年期は監獄にいる時間のほうが長いですから。素人童貞です。過去にお気に入りの遊女でもいたんでしょう。

Q.018 廣田さんより 尾形は何故入院後に髪を伸ばして空前絶後のセクシー上等兵になったのですか?

A.018 野田先生より 解放感でしょうね。

Q.019 ソイさんより 牛山さんは何故桃が好きなのですか?お尻好きだからですか?

A.019 野田先生より そうです。

Q.020 えりんぎさんより 家永カノさんの「カノ」は本名ですか?それとも偽名ですか?

A.020 野田先生より 偽名で、本名は「親宣 (チカノブ)」です。

Q.021 汚礎魔Ⅱさんより 私コスプレを嗜んでおりまして、今度キロランケ氏のコスをしたいと思っております。ですが、氏の髪型が今一つ分からず困っております。一体全体彼の髪型はどうなっているのでしょう?

A.021 野田先生より つむじや耳のあたりまで短髪です。あの髪型は、当時の樺太アイヌの男性の古い写真を参考にしてます。

Q.022 まんぼうさんより 和田大尉を撃ったのは誰ですか?気になって夜も眠れません。

A.022 野田先生より 月島です。

Q.023 すざわさんより 8巻の表紙裏で江渡貝くんが裸足なのは何故ですか?

A.023 野田先生より 死を予感させるからです。

Q.024 メイリオさんより 江渡貝邸に風呂はあったのでしょうか?
月島軍曹は銭湯に行っていましたが、風呂が無いとして、江渡貝君が銭湯に行くのも考え難い。当時家庭用の風呂も少しは普及していたようですが、真相を是非。

A.024 野田先生より 風呂は無いです。手ぬぐいで隠せばいけるでしょう。夕張には銭湯の他にも温泉があったはずです。人が少ないところに行ってたんじゃないですかね。
僕も昔、銭湯に行ってたんですけど、閉店30分前くらいにさっと入るんです。そうすると誰もいません。チンチンを見られたくなかったわけではなくて、知らない男のチンチンを見るのは気分が悪いからです。

Q.025 MIKIさんより 江渡貝くぅんのお宅にいたセンター分け猫ちゃんの性別、年齢、名前をぜひ教えて下さい!あのブサ可愛さがいとおしく、気になっております。宜しくお願いします。

A.025 野田先生より オスです。野良が江渡貝くんの家に入り込んでいたので年齢は不明です。江渡貝くんは「猫」と呼んでいたと思います。自分も昔、実家で猫を飼っていたんですが、家族が誰も名前をつけなかったので「猫」と呼んでいました。

Q.026 えごねりさんより 一問にするのにとても悩みましたが、大好きな月島軍曹についてお聞きしたいと思います。
月島軍曹は長風呂と聞きましたが、だいたいどのぐらい入っているのでしょうか?長風呂のエピソードなども、もしございましたらよろしくお願いします。

A.026 野田先生より 旭川第七師団の兵営を離れ、小樽で鶴見中尉たちと行動している時は、そこまで入浴時間に厳しくなくてついつい長風呂になってしまうのかもしれませんし、尾形はあまりお湯に浸かるのが好きじゃなくて、月島の入浴時間を余計に長く感じていたのかもしれません。

Q.027 ウミウシ丸さんより 尾形の髪は伸びるのが早すぎます。どうしてでしょうか。

A.027 野田先生より 作者の髪も伸びるのが早いからです。自分にとってはそれほど違和感がないんです。
作者にとって普通なことを描いたのに、読者にはおかしく見えることってたまにありますね。
『花の慶次』で、慶次がおしっこするときチンチンをゴシゴシするのって、某先生には普通のことだったのかもしれません。

Q.028 mikkiさんより チンポ先生が「チンポが紳士かどうか見極めろ」って言うシーンが好きなのですが、チンポ先生は登場時、女の人を物理的にブーメランにするバイオレンスぶりであまり紳士じゃなかったと思います。今の優しいチンポ先生とかなり違うと思うのですがなぜですか?

A.028 野田先生より チンポ先生が客として来ている情報を土方に売ったのは、あの女です。男に紳士でいてほしければ、女も淑女であることですね。他人を売るような女はブーメランですよ。

Q.029 さんさんより 毎週楽しく拝見してます。様々な変態キャラが登場するたび先生の人間性が気になって仕方がありません。幼少期のとびきりの変態エピソードなどうかがえればありがたいです。よろしくお願いいたします。

A.029 野田先生より 小学校に上る前、近所に年上のいじめっ子がいたんですけど、僕が怒って道に落ちてるウンコを手で拾って投げたんです。
拾っては投げ、拾っては投げして、しつこく追いかけました。
そしたらそいつが泣き叫びながら逃げて行きました。「君が泣くまでウンコを投げるのをやめないッ」ってやつですね。

Q.030 チタ天さんより 野田サトル先生のお名前が「サトル」とカタカナ表記なのは、ひょっとして初代タイガーマスク・佐山サトルさんのファンでいらっしゃるからでしょうか?
(以前「ストレス発散に椅子とプロレスをする」と仰っていたこともあり、先生はプロレスファンなのかな?と勝手に思っております。)

A.030 野田先生より 違います。新人の時はひらがなとか漢字でしたけど、前作の連載が決まったとき、当時の編集長が「字画を調べたらカタカナがいい」とかなんとかで、僕も「いいですよ」と返事しました。
プロレスは好きです。アシ(リ)パさんが姫の汚い乳首を見た時「うるるる」と鳴きましたが、あれは蝶野正洋です。

Q.031 ヒグマンさんより 毎週、細密な背景、作画で素晴らしいなと思って読んでいます。アシスタントさんは何名くらいなのでしょうか?

A.031 野田先生より 背景アシスタントは現状2名と妻の合計3名ほどです。妻は、話の展開や描写には一切関与してきませんが、原稿が仕上がって最後に一読者としてセリフの読みやすさなどを見てもらったりしています。

Q.032 ともろうさんより アシ(リ)パさんはどうして牛山の肩に乗りたがるのでしょうか?戸愚呂兄弟なのでしょうか?

A.032 野田先生より では戸愚呂の兄貴がなぜ肩に乗るのか、冨樫先生に聞いてください。

Q.033 オソ松さんさんより 杉元たちの中で一番運動神経が良いのは誰ですか?

A.033 野田先生より 牛山です。おそらく室伏選手並にどの競技でもトップクラスの成績を残せる肉体の持ち主だと思います。

Q.034 美しさは罪さんより 月島軍曹が格好良くて大好きです。
ストイックなイメージを抱いていますが、 彼はモテるのでしょうか?気になります。

A.034 野田先生より たくさんの女性からモテるタイプではないですけど、彼のような汚れ仕事を淡々とこなす優秀な部下というキャラは好きです。
例えば『ちびまる子ちゃん』のヒデじいとかでしょうか。血まみれで屋敷に戻ってくるヒデじいが「坊っちゃん、これは私の血ではありません」というシーンがあったような気がします。夢かもしれません。

Q.035 GOMEZさんより 辺見和雄が海でレプンカムイに投げ飛ばされた時、光っていたのは太陽ですか?それとも股間ですか?
教えてください!

A.035 野田先生より 股間の発光と太陽の光が重なり合った奇跡的な瞬間です。

Q.036 君代さんより なんで谷垣はムチムチボディになったんですか?
旅の間に何かあったのでしょうか?

A.036 野田先生より インカ(ラ)マッが占いで稼ぐので、いっぱいご飯をおごって貰ったんでしょう。

Q.037 観葉植物さんより 谷垣ニ(シ)パの胸を見るとちんちんがむずむずします。どうしてですか?野田先生

A.037 野田先生より それが勃起です。

Q.038 なぽさんより 谷垣はどこまでマッチョ化する予定ですか……?

A.038 野田先生より 最終形態は「山のフドウ」ですね。仲間を肩に乗せて移動します。

Q.039 あひるさんより 漫画を描いているとキャラクターが自然と動く、という話をよく聞きます。野田先生のブログでも「物語を描かされているな、と思うことが度々ある」とありました。
谷垣がムチムチになるのも谷垣に描かされているのでしょうか?

A.039 野田先生より もういいでしょう。谷垣のボディのことは。

Q.040 多くの読者の皆様より 一番ご質問の多かった「キャラクターの年齢」に関して、「<」と「≒」を使って野田先生に出来る限りお答えいただきました!
※「A<B」は「AはBより年下」、「A≒B」は「AとBは限りなく年が近い」という意味です。

A.040 野田先生より オソマ< チカパシ< アシ(リ)パ< 夏太郎< 
鯉登少尉≒江渡貝くん< 杉元≒谷垣≒二階堂< 尾形<
インカ(ラ)マッ≒白石< 月島軍曹< キロランケ≒鶴見<
辺見< 牛山< 二瓶< 家永≒永倉< 土方≒フチ