『リアル』Vol.14 特設サイト

障害者スポーツの真実

リオに向けて再始動!

シンペーJAPAN、選考合宿開催

12月10日から13日にかけて、男子日本代表合宿が、首都大学東京荒川キャンパスで開催された。今シーズン、ドイツリーグに出場している藤本怜央、香西宏昭の両エースは不参加だったものの、虎視眈々と代表の座をねらう若手たちが積極的なプレーで猛アピールを見せた。また、そんな若手には負けられないとベテラン組も元気いっぱい! 活気にあふれる有意義な合宿となった。

2016年リオパラリンピックの最終予選が2015年10月に千葉で開催されることが決定。ホームで出場権を勝ち取るべく、選手たちのモチベーションは一段と高まっている。運命の決戦まであと10か月、2015年もシンペーJAPANから目が離せない!

合宿の手応えに笑顔を見せる及川晋平ヘッドコーチ

及川晋平ヘッドコーチ

アジアパラで韓国に敗れて、選手たちの目の色が変わりました。それほど悔しかったのかと、僕も驚くほどでした。この経験がチームをさらに強くしてくれると感じています。北九州チャンピオンズカップとこの合宿で、若手がすごく伸びてきていることが再確認できました。チームにとっては新しい武器、とても心強いですね。2015年は、リオ出場権獲得に向けて突っ走りますよ!

若手にも積極的に
コーチング
文/名古桂士(X-1) 写真/浅原満明(X-1)

PHOTO

PAGE TOP