新人賞

#089 シンマン賞結果発表

[ストーリー部門]

佳作+月間ベスト+初投稿賞

瑠璃も玻璃も照らせば光る
47P
綴喜大(19) 宮城県
賞金43万円
佳作30万円+月間ベスト10万円+初投稿賞3万円
二宮先生
絵もうまい、入りもかっちょいい。冒頭で読み手を「おっ」と思わせるたのが見事です。が、キャラクターと設定のちぐはぐさが強くでています。「才能があるのに並に化けている」はずのルリの登場、言動が全然「並」じゃないからです。才能ある感じバリバリだしちゃってます。天才と秀才が、互いの憧れの能力を持ち合わせた者同士の初めての対峙した瞬間が非常に凡庸だったのも気になりました。
編集I
この2人の行く先が見たいと思わせるキャラ立ちがありコントラストが効いていた。根暗な方が爆発するのも爽快だし負けないギャルもまた爽快。コマの運び、構図も非常に練られていて、間の取り方が抜群に上手い。期待大です。
編集N
冒頭から引き込まれました。構成、演出も年齢を考えると非常にレベルが高く、天才と秀才という難しい設定にも関わらず、読後感まで含めて読切として描き切った力量を評価します。キャラクターも魅力的で掛け合いもよかった。今後に大いに期待します。
編集O
粗削りだが才能に期待。会話・セリフのセンスやコマ運びがうまいです。まだ書いている内容は幼いですが、期待したいです。表情をきちんと書く。次にうまく書く。ことに気を配ってください。それだけで作品のランクがあがります。頑張ってください。
編集K
メイン二人はもちろんのこと、主人公を見守る先生、友人までもそれなりに人物造形がされており、人間性・気持ちが伝わってきました。セリフに独創性もあり、言葉に力がありました。主人公の心に刺さる絵の概念・表現も非常に秀逸でした。最後のシーンでは惹かれ始めた二人の感情が真っ直ぐに伸びていくような印象があり、いい読後感でした。全体としては、わかりずらいコマの調整と、主人公側の能力を使って具体的なエピソードを紡いでおけば完成度が増したはずです。キャラの好感度作りなども課題かと。非常に力があると思います!
編集S
19歳で、これくらいのネームが切れればすばらしい。熱量も伝わる。いい才能だと思います!先生や、榊の女友達の、作中での目立たなさと終盤のモノローグのバランスがちょっといびつなのが気になる。
編集M
この年齢で持てるものを正面から全て発揮したような作品。漫画に向き合う覚悟のようなものを感じました。セリフや見せ方のセンスは育てようのないものなので、悔いのない作品を生み出してYJに風穴を開けてください。
編集T
百合ものでよく見る形ですが、20-21Pの演出は良い感じだと思いました。自分なりの絵を模索してほしいですね。

佳作+初投稿賞

件の眼
36P
前田マックス(27) 東京都
賞金33万円
佳作30万円+初投稿賞3万円
二宮先生
面白い設定で中盤の展開も、最後のひっくり返しも良かったです。ただやはり、主人公の強烈な個性が見えてこないです。まったく別の環境になったときに主人公が立ってるかどうかの指標を想像できるかどうかです。つまり、2次創作を容易にできるかどうかです。僕には「眼件之介」がこの戦国時代以外で活躍する姿を想像できるようなものを期待したいです。
編集I
安定感のある画力で続きを読ませる推進力もある。イチ未来だったという展開も捻りがきいているが、あくまでもこういう事象が起きたという話であり彼の本意、意志が前に出ていなかったのが残念でした。
編集N
劇画ふうの絵柄、ハッタリの見せ方、物語の構成力など、非常に力を感じました。次回作に期待します。
編集O
一種の夢落ちになってしまっているところが残念。主人公を食った件が教訓めいたこと、印象に残るセリフを言って終わりにしてしまった方が、印象が強かったはず。キャラの絵が洗練されること、書き分けがうまくなることを期待します。
編集K
画面の隅々まで絵の雰囲気を入れ込もうとしており、熱量を感じました。異形の存在もしっかりと異彩と存在感を有していました。ただ、ストーリー的には夢落ちに似た印象で、せっかくの描写がもったいなかったように思います。「もう一つの現実」におけるストーリー展開が平坦で、この形だとこのラストにあれを持ってこざるを得ないという気さえしてしまいます。未来が予知できること×予定調和ではないこの主人公ならではの行動、というポイントを作れなかった為に、メインストーリーが紡げなかった印象です。登場人物の魅力を作ることが次回の課題かと思います。
編集S
テンポよく、力強く、荒っぽい絵だが、不快感はなく読みやすい。
編集M
人物の書き分け、大事なところを勢いで誤魔化さない、の2点を課題として、読切の構成ではなくキャラに絞った次回作をお願いします。地力はあるので、次がとても大切かと。

期待賞+初投稿賞

Dead Man's Hero
38P
高幡隆平(25) 東京都
賞金13万円
期待賞10万円+初投稿賞3万円
二宮先生
非常に難しい心情、テーマを描こうとしていたのが好感。しかしどんなジャンルを描くにしても大切なのはキャラクターがたっているかどうかです。その指標の一つが「主人公が全く違う世界線にいても容易に想像できるかどうか」だと思います。僕には空悟が野球をやったらー、サラリーマンになったらー、が全く想像できませんでした。次作は二次創作したくなるような魅力的なキャラクターが見れる事を期待しています。
編集I
主人公の信念が一貫しているところは良い。その信念に至った過程を不死者化した母と絡めて丁寧に描けていたら尚良かった。映画「JOKER」では同情を誘うほど過酷な境遇を重ねていた。母親は病死して不死者になったのか?主人公は自らの意志で不死者になれたのか?そもそも不死者だったのか。曖昧さは回避したかった。
編集N
「ヒーローとは?」に誠実に向き合っている点は好印象ではあるが、テーマとしてはかなりハードルが高く、作者が言いたいことを全部キャラクターにしゃべらせてしまっているので、漫画としての面白さが半減している。セリフの分量、コマ割り含めた画面の見やすさを意識してほしい。
編集O
頑張って書いているが、思いついたことをアイデアでもう少し面白い形に昇華させてほしい。戦う相手が人間になってしまうと、読者の共感を得にくいので、仮面ライダーのように悪の力を手に入れたけど、心は正義で戦う相手はあくまで悪。という構図は崩さない方がいい。あとはもう一工夫を!
編集K
正義と悪のよくある感じだが、主人公の感情の浮沈を軸に、最後までテーマを描き切れていたと思います。作品全体のトーンを乱さずにしっかり統一感があるのは、作家の熱がちゃんとあるからかと思います。ただ、惜しむらくは、テーマを絞るあまり単一の価値観で描かれ過ぎているということです。他の登場人物(別の価値観)が立っておらず、主人公のキャラ立てをするのにもモノローグを多用し過ぎています。もっとエピソードのリアクションで人間性の魅力を伝える工夫を意識してみて下さい。
編集S
よくあるアイディアで、読みやすくはあるのだが、基本主人公がひとりでずっと考えていることをモノローグで読まされるのが難点。自分を驚かせる、変容させる他者の言葉や行動を、作品にとりこめていないので、全体に独善的、ひとりよがりにみえてしまう。もっと、「ひとりで考えている主人公」の殻を破壊するような、世界のひろがりを、次回作では考えてほしいです。
編集M
小学生男子のようなヒーロー願望だけでは、お客の興味を惹くことは困難です。デッドマンになる定義はなんでしょうか?激しい怒りによって目覚めるのでしょうか。次回作は、同年代の読者を想定して、興味を持てる主人公像を模索してみてください。
編集T
丁寧に描けていて好感が持てますし、決めゴマに向かってテンションを上げていく感じは良いと思いました。ただ設定説明と状況説明に尺をだいぶ使ってしまっていて(残念ながらツッコミどころか諸所ある感じ)主人公なりの言動はあまり描けていないように感じました。この尺で描くにはテーマが抽象的で大きすぎたのかなと。。。

[ショート部門]

期待賞+審査員特別賞10万円+初投稿賞

飼耀さんの餌やりタイム
16P
伸びた髪(19) 佐賀県
賞金23万円
期待賞10万円+審査員特別賞10万円+初投稿賞3万円
二宮先生
かわいくてエロくて最高の女子でした。餌やりされたいです。と思わせたのが勝ちだと思います。男子たちが幸せになる飼耀さんをもっと見せてほしいです。”餌やり”でテーマを絞ると連載になったときにきつそうなのでもう少しテーマを大きくした方がいいかもしれませんね。 
編集I
個人的には羨ましさよりもギリギリ怖さが優ってしまった。最後の照れでは解消できない。もう少し清楚さと天然の勘違い方向に寄せてもよかった。あとは「餌やり」を活かす、食べさせる物と食べさせ方のバリエーションが欲しかった。この作品の面白さのコアはなんなのか。まだ考えられたと思います。
編集N
女の子の食べるシーンは魅力的に描けていると思います。「こんな女の子いたらいいな」は重要ですが、設定にリアリティがなさすぎると入り込めないので、次回はセッティングに気を配るといいと思います。
編集O
このタイプは読者に受けやすいと思うが、飼耀さんはちょっと清潔感が足りない気がする。みかけがもっと清潔感があって上品な感じがしないと、アマゾンの行動が嫌われてしまいます。その匙加減肝だと思うので担当と練り上げてほしいです。
編集K
二人のキャラ立てがしっかりなれされおり、特にヒロインは独自性も立っていました。企画としても狙いと作りが明確で、ラスト頁で二人の人柄・関係性が一気に整理されて伝わってくるのもいいと思います。画力も高く完成度が高かったです。また、おいしさを伝える為に「食事」の描画に高い意識で臨んでいる点、「食べた側のリアクション」の描画に高い意識で臨んでいる点も特筆すべきポイントではないでしょうか。
編集M
あざとさが強く、勝ち筋以上の話題性を感じ得ませんでした。ヒロインに対する羨ましさと目新しさ、視点役の無味無臭感、いずれもボーダーに微妙に届いていない印象です。若いので、もっとフェチをオープンにしてみては。
編集T
シチュエーションと絵は良いと思います。細かいところでのご都合感が強かったのでもうちょい細部を煮詰めて、キャラ描写を厚くした方がより楽しめたのかなと思います。

#090 審査員[BUNGO-ブンゴ-]二宮裕次先生

僕は設定、構成、斬新なアイデアが作品を面白くするわけではないと思っています。「魅力的なキャラクターが存在する」というのが重要です。何に喜び、何に悲しむのか。逆を言えば設定構成アイデアが平凡でも、キャラクターが良ければ非凡な作品になると思います。物語を作るのは作者ではなく、キャラクターです。そのあたりを強く意識してみてはいかがでしょうか。

編集部総評

物語作り、画面作りはともに漫画には大切な要素ですが、商業として漫画を作っていく上では、その作品の企画が読者が読みたいもの(あるいは買いたいもの)であるかどうかという点も大切です。思わず続きを読みたくなるようなエンタメ性を持った作品をお持ちしております。

このページのTOPに戻る